2010年01月21日

<日米安保改定50年>共同声明の文面調整で局長級協議(毎日新聞)

 【ワシントン古本陽荘】日米安保条約改定50年に合わせた共同声明の文面調整のため、両国の局長級協議が14日午前、米国防総省で行われる。協議には防衛省の高見沢将林防衛政策局長、グレグソン国防次官補(アジア・太平洋担当)らが出席する。

 共同声明は、12日の日米外相会談で始まった日米同盟深化の協議内容を踏まえたものになる見通し。19日に日米の外務・防衛担当閣僚4人が連名で発表する。両政府は今年前半に4閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開催し、11月のオバマ大統領の来日時をめどに、同盟深化協議の最終報告取りまとめを目指す。

【関連ニュース】
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
日米安保:米国人女性がドキュメンタリー映画を製作
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
日米密約:報告書取りまとめ延期…2月下旬以降に
沖縄返還密約:有識者委が財務省に資料要求 補償費負担で

刑法犯7年連続減少 殺人は戦後最少1097件(産経新聞)
虐待死の母、起訴内容認める(産経新聞)
<在留資格不正取得>行政書士の夫と妻逮捕 虚偽証明書作成(毎日新聞)
<阪神大震災>09年の孤独死62人(毎日新聞)
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も (産経新聞)
posted by フルヤ ハジメ at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

強風 東京・八王子でクレーン車横転(毎日新聞)

 日本海にある低気圧が急速に発達しながら接近した影響で、13日朝は各地で強風が吹き、東京都八王子市でクレーン車が横転するなど風による被害が相次いだ。予想される最大風速は陸上で15〜25メートル、海上で20〜25メートルと見込まれ、気象庁が警戒を呼びかけている。

 13日午前9時ごろ、東京都八王子市戸吹町の工場建設現場で、工事用クレーンが倒れたと119番があった。警視庁八王子署によると、クレーンは横倒しになり、近くにいた作業員の男性(18)にクレーンのアーム部分が直撃し右肩を骨折する重傷、操縦士の男性(45)が足を打ち軽傷を負った。

 近くにいた工事関係者は「クレーンのアームを約30メートル伸ばして約250キロの鉄板をつり上げる作業中に、方向転換をしようとしたら突風にあおられた」と説明しているという。気象庁によると、八王子市では同9時13分に最大瞬間風速26メートルを観測。事故当時も強風が吹いていたとみられる。

 また、同8時5分ごろ、長野県飯島町飯島、「野村建設」のトタン屋根(縦15メートル、横25メートル)が突風で吹き飛び、隣接する国道153号を走行中の4トントラックに衝突。トラックのフロントガラスが割れたが、けが人はなかった。県警駒ケ根署によると、トタン屋根は鉄骨の骨組みが付いたまま飛ばされた。

 茨城県古河市大堤では同9時5分ごろ、JR宇都宮線栗橋−古河駅間で、上野発宇都宮行き快速電車(15両編成)が線路上の倒木に接触。撤去作業のため電車は約1時間停車し、上野−宇都宮駅間で運転を見合わせた。JR東日本によると、倒木は直径約15センチ、長さ約4メートル。強風で倒れたとみられる。【青木純、竹内良和、浅野翔太郎】

【関連ニュース】
<クレーンの事故>クレーン倒れる:600キロ資材落下、作業員死亡 京都
<クレーンの事故>クレーン転倒:トラック下敷き 東京・千代田区 09年4月
<天気は大荒れ>大雪:14日にかけ日本海側中心に
3カ月予報:暖冬傾向続く…10年1〜3月 気象庁
<天気>注意報・警報はこちらでチェック

<人事>法務省(18日)(毎日新聞)
19世紀の独製地図にも明記 「竹島は日本領」 独製地図複数現存(産経新聞)
<300日訴訟>「違憲ではない」原告の請求棄却 岡山地裁(毎日新聞)
廃止したのに…年金振り込み元が「社保庁」に(読売新聞)
<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」(毎日新聞)
posted by フルヤ ハジメ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未届け有料老人ホーム、全国に389施設―厚労省が追跡調査(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月13日、全国にある未届けの「有料老人ホームに該当しうる施設」(実態把握中のものを含む)が、昨年10月末時点で389施設あるとの追跡調査結果を発表した。昨年4月末時点での446施設から57施設減少した。

 厚労省は昨年4月末時点での未届け施設についての調査結果を発表しており、今回はこれらの施設について都道府県が追跡調査を行った結果を発表した。

 それによると、昨年4月末時点での未届け施設446施設に、5月以降に把握した163施設を加えた609施設のうち、565施設が「有料老人ホームに該当しうる」とされた。このうち、昨年10月末までに届け出を行ったのは176施設で、残りの389施設が10月末時点で未届けのままだった。

 また、未届けの「有料老人ホームに該当しうる」とされた389施設のうち122施設は、都道府県が入居者の処遇などについて指導を行っていた。主な指導の内容は、▽個室化などによりプライバシーを確保する▽生活に必要なスペースを確保する▽入居一時金の保全措置を講じる―など。

 厚労省では、今後も未届け施設に対する指導の徹底や届け出の促進を図り、今年10月末時点での未届け施設について、さらに調査を行うとしている。


【関連記事】
未届け老人ホームに指導徹底で再度通知―厚労省
未届け老人ホームの規制を国に要望―東京都
未届け老人ホームの消防法令違反、依然高水準
消防法令違反、未届け施設の割合高く−消防庁調査
生活保護の7000人弱が高齢者向け未届け施設に―厚労省

日米同盟深化が肝要=自衛隊幹部に訓示−鳩山首相(時事通信)
【揺らぐ沖縄】名護市長選ルポ(上)市民二分「もううんざり」(産経新聞)
11月機械受注、11.3%減=2カ月連続で縮小(時事通信)
首相動静(1月11日)(時事通信)
歌会始 「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
posted by フルヤ ハジメ at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。