2010年01月23日

<石川議員逮捕>小沢氏進退波及も…鳩山政権またもダメージ(毎日新聞)

 民主党政権発足後初の党所属国会議員の逮捕で、鳩山由紀夫首相は18日の通常国会開会を目前に控え、政権発足後最大の危機に直面することとなった。石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=は、予算編成などで政権運営の実権を握る小沢一郎幹事長の元秘書で、しかも小沢氏自身の資金管理団体を巡る逮捕とあって、小沢氏が幹事長職の進退について判断を迫られる事態も予想される。

 鳩山首相は15日夜、石川議員の逮捕について「大変驚いている。捜査の状況が分からないので、事態の推移を見守りたい」とのコメントを出した。報道各社の求めに応じ、秘書官を通じて発表した。

 鳩山政権の実権を握る小沢氏に対し、政府・民主党は批判を控えて「沈黙」を守り、首相は幹事長続投を支持してきた。それでも今夏に参院選を控えて内閣支持率の下落傾向が続くなか「説明責任を果たすことが大事だ」(前原誠司国土交通相)と説明を求める声が上がり、批判的な空気も広がりつつあった。石川議員の逮捕はそんな党内事情を直撃した。

 党内から小沢氏の幹事長辞任を求める声が高まるのは必至だが、検察との「全面対決路線」を貫いてきた小沢氏が辞任にすんなり応じる見通しはない。16日に開かれる民主党大会で、小沢氏がどう説明するか注目される。

 鳩山首相自身の偽装献金問題に対し、世論の風当たりが再び強まる可能性も強い。首相は15日朝には公邸前で記者団に「この問題も私自身の問題も(昨年8月の衆院)総選挙の前から出ていた。にもかかわらず民主党を国民の多くに選んでいただいた」と語っていたが、夕方には「選挙ですべてみそぎが終わったと胸を張るつもりはない。反省すべきところは反省しなければならない」と軌道修正した。

 鳩山政権は「政府は鳩山首相、党務は小沢幹事長」の役割分担で運営されてきた。石川議員逮捕で小沢氏の立場が弱まれば、政権運営の不安定化は避けられない。【上野央絵】

【関連ニュース】
鳩山首相:「問題あっても国民が選んだ」
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
岡田外相:イラン追加制裁同調へ 米仏を中心に論議強まる
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
谷垣総裁:「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る

小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」(産経新聞)
「府中駅どこ?」で振り返ったら… 公然わいせつ容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
小沢氏宅前に火炎瓶?男、機動隊員に体当たり(読売新聞)
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も (産経新聞)
posted by フルヤ ハジメ at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証−足利事件再審公判(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的になっている菅家利和さん(63)の再審第4回公判が21日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。足利事件と別の2女児殺害事件(未解決)で、菅家さんが検事の調べにいったん虚偽の「自白」をした様子を録音したテープを再生し、供述の任意性を検証した。取り調べテープが法廷で調べられるのは極めて異例。
 2事件で菅家さんは不起訴となった。地裁は22日までの公判でテープ4本を再生し、担当だった森川大司元検事の証人尋問を行う。21日午前は、森川元検事が足利事件初公判前の92年1月28日、菅家さんを調べた時の録音テープが再生された。 

【関連ニュース】
菅家さん、故郷で除夜の鐘=釈放後、初の年越し
当時の鑑定「ミス見当たらない」=DNA型で科警研所長が証言
菅家さん、足利市民とハイキング=「自由になった感じ」
布川事件の再審開始確定=「自白疑問」の高裁判断支持
1位は「政権交代」=社会部長が選ぶ10大ニュース

【中医協】調剤報酬改定、一包化薬調剤料見直しなどが重点項目(医療介護CBニュース)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)
訃報 田の中勇さん77歳=声優、目玉おやじの声を担当(毎日新聞)
胆沢ダムの下請け中堅ゼネコン捜索…陸山会事件(読売新聞)
<不起立教員>「神奈川県教委は氏名収集停止を」 審査会(毎日新聞)
posted by フルヤ ハジメ at 10:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「2010年本屋大賞」ノミネート作発表(産経新聞)

 全国の書店員がいちばん売りたい本を選ぶ「2010年本屋大賞」のノミネート作が22日、発表された。村上春樹さんの「1Q84」や夏川草介さんの「神様のカルテ」など10冊が選ばれた。

 対象作品は、平成20年12月1日〜21年11月30日の間に刊行された日本の小説。全国323書店の385人が投票し、上位作品がノミネートされた。4月20日に大賞が発表される。

 ノミネート作は次の通り(作品名50音順)

 村上春樹「1Q84」(新潮社)▽夏川草介「神様のカルテ」(小学館) ▽三浦しをん「神去なあなあ日常」(徳間書店)▽有川浩「植物図鑑」(角川書店)▽東野圭吾「新参者」(講談社)▽冲方丁「天地明察」(角川書店)▽小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」(文芸春秋)▽藤谷治「船に乗れ!」(ジャイブ)▽川上未映子「ヘヴン」(講談社)▽吉田修一「横道世之介」(毎日新聞社)

【関連記事】
松たか子、復讐鬼に挑戦…小説「告白」映画化
文庫の中から書店員が選定…広がる!ご当地本屋大賞
現場が選ぶ「大賞」人気 本屋、映画館に続きCD店も
本屋大賞 書店員が売りたい本は売れる? 業界は“お祭り効果”期待
本好きが面白がって本を売る 千葉の「酒飲み書店員の会」

<桜井茶臼山古墳>発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)
<北海道議選>佐藤氏が立候補 網走・補欠(毎日新聞)
向井千秋さん、気象利用に一役=国際検討チームのメンバーに−気象庁(時事通信)
<無登録営業>東京の投資会社を家宅捜索(毎日新聞)
posted by フルヤ ハジメ at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。