2010年06月04日

米国務次官補が「次の日本の首相は誰?」 平沢氏、会談時の逸話披露(産経新聞)

 日本の次の首相は誰ですか−。自民党の平沢勝栄衆院議員は27日、都内で開いた自身の政治資金パーティーで、3月5日に同党の山本一太参院議員とともにキャンベル米国務次官補とワシントンで会談した際、いきなりこんな質問を受けたエピソードを披露した。

 平沢氏は「キャンベルさんは、私が座るなり『先に私に質問させてください。次の首相は誰と思うか』と言った」と紹介。

 その上で、キャンベル氏の発言の真意について「もう、この時点で米国は鳩山由紀夫首相を信用していないのだ」と解説した。

【関連記事】
訪米見送り 募る不信感 見えぬ小沢氏の対米観
首相「訓練移転を引き受ける気持ちを示してほしい」 全国知事会議
社民のごね得? 福島氏、頑なに「閣議で署名しない」 政府は譲歩…
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求
普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」

農水相は「バカ松」と批判 たちあがれ日本・平沼氏(産経新聞)
反対農家除き終了=ワクチン接種―口蹄疫(時事通信)
<漫画家>「東京都の青少年改正案」に反対 創作活動を萎縮(毎日新聞)
シー・シェパード 元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
文芸・美術評論家の針生一郎さん死去=前衛芸術評論で活躍(時事通信)
posted by フルヤ ハジメ at 03:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

小沢氏「疑惑がないこと明確にして頂いた」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は21日、自身の政治資金規正法違反事件について、東京地検特捜部が不起訴処分としたことを受け、コメントを発表した。

 全文は以下の通り。

 先ほど、検察当局が私に対する再聴取の結果、私を再び不起訴にするとの報に接しました。

 一般の方々によって構成される検察審査会の結果を受けて、先週、検察当局から再度、事情を確認したいという要請がありました。

 私はその要請に直ちに応じて先週末に4時間以上をかけて検察の担当者に事実をありのままにご説明申しあげました。

 今回の説明で特に留意したのはこれまで以上にどなたにも理解していただけるように説明するということでした。

 既に検察当局では長い時間をかけた捜査の結果でも私にかけられた疑いについて不起訴であるという結果が出ていたわけですが、一般の方々で構成されている検察審査会では違った結果が出たからです。

 もちろん、事実関係はこれまでと何も違わないのですが、そうした思いを強くして話したということです。

 これまでの捜査に加えてその結果を含めて、本日、検察当局が再び不起訴とすると判断されたことは、私の関与や疑惑がないという事実を明確にしていただいたものと受け止めております。衆議院議員 小沢一郎

【関連記事】
小沢氏再不起訴 大鶴次席検事「捜査尽くした」
小沢氏に国会での説明責任要求 谷垣、渡辺氏
小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部
「小沢氏の集中審議を」自民歴代幹事長会談
小沢氏「普天間、すんなりいかない」
中国が優等生路線に?

シバザクラ 見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)
最古の刺繍 西陣織で再現 中宮寺に奉納(産経新聞)
特定外来生物 オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税(産経新聞)
新入社員に聞く、将来どんな地位に就きたいですか?(Business Media 誠)
posted by フルヤ ハジメ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

首相の知事会出席を発表 官房長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相や関係閣僚が27日に都内で開かれる全国知事会に出席することを正式に発表した。

 平野氏は「安全保障における基地問題について日本全体として考えるべきだ。沖縄の負担軽減にご協力をいただきたいということがメーンだ」と述べ、知事会では首相が訓練移転受け入れなどへの協力を求めていくとの見通しを示した。

【関連記事】
「早く、明確に聞きたい」 普天間問題で米議員、国民新党の下地氏に
普天間問題 28日に「首相発言」 地名特定避ける
南九州企業・団体、鳩山政権支持せず74%
「自然への冒涜」の定義変更 普天間代替で首相
福島社民党党首 「首相発言」での決着に反対
中国が優等生路線に?

「夢が…」宝くじ販売停止判定でファン悲しむ(産経新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
アスベスト泉南訴訟 国の責任認める 大阪地裁が初判断(産経新聞)
鞆の浦埋め立て架橋問題 住民対話集会が初開催 広島・福山(産経新聞)
子ども手当「満額」見送り=参院選公約で民主企画委(時事通信)
posted by フルヤ ハジメ at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。